ジンズ、7年ぶりに定番商品を全面刷新 ターゲット年齢層を広げる

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ジンズの印新された定番商品「JINS CLASSIC」
第1弾として「JINS CLASSIC」シリーズを刷新し、8月29日から販売する

 眼鏡専門店「JINS」を展開するジンズは、約7年ぶりに定番商品の全面刷新に着手する。従来は20〜30代の若者をターゲットとしてきたが、リニューアル後は、10代からシニア層まで幅広い年代のニーズに応えられる商品構成とする。

 JINSの商品は2015年から、通年で取り扱う「定番商品」と、季節や流行に合わせて随時投入する「スポット商品」で構成されてきた。このうち定番商品の複数のブランドについて、順次リニューアルする。

 第1弾として、「JINS CLASSIC」シリーズを刷新し、8月29日から全国の店舗とオンラインショップで販売する。

 リニューアル後のJINS CLASSICは、フレームの種類を従来の約3倍の44型に増やした。素材や色によって、全166種を展開する。同シリーズには、「JINS CLASSIC Bold」「JINS CLASSIC Combination」など6つのラインアップがあり、価格はレンズ代込みで9900円または1万3900円(税込)。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media