ウエルシア、「ボトルtoボトル」のリサイクルに参加 近畿と東海で店頭回収

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ウエルシアの「ボトルtoボトル」のリサイクルプロセス
「ボトルtoボトル」のリサイクルプロセス

 ウエルシアホールディングス傘下のウエルシア薬局は、近畿と東海の一部店舗でペットボトルの回収を始める。コカ・コーラ・ボトラーズジャパン(CCBJ)およびサントリー食品インターナショナル(サントリーBF)と協業し、回収したペットボトルを樹脂として再生し、新しいペットボトルの材料として使用する「ボトルtoボトル」のリサイクルに取り組む。

 三重県内の29店舗で11月からペットボトルの回収をスタート、近畿と東海の310店舗に広げる。回収したペットボトルはリサイクル業者がPET樹脂に再生、CCBJとサントリーBFが再製品化し、販売する。

 ウエルシアは2020年9月から栃木県内でペットボトルの店頭回収の実証実験を開始、21年6月に栃木県56店舗、22年2月からは茨城県113店舗を加え、合計169店舗で本格的に「ボトルtoボトル」リサイクルの取り組みを始めた。

 関東圏に加えて、三重県の店舗にも回収ボックスを設置することで、店頭回収拠点は384店舗に増える。近畿と東海で順次、回収ボックスの設置を増やし、23年度中には店頭回収拠点を665店舗に広げる。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media