米アマゾン、化粧品・美容サイト運営のアイスタイルと資本業務提携 筆頭株主に

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

アマゾン
化粧品・美容総合サイト「@cosme(アットコスメ)」を運営するアイスタイルは8月15日、米アマゾン(Amazon.com)と資本業務提携すると発表した。(i-stock/jetcityimage)

 化粧品・美容総合サイト「@cosme(アットコスメ)」を運営するアイスタイルは8月15日、米アマゾン(Amazon.com)と資本業務提携すると発表した。アマゾンがアイスタイルに出資投資(8月19日訂正)して筆頭株主になるほか、アマゾンジャパンのEC(インターネット通販)サイトにアットコスメのオンラインストアをオープンする。

 アイスタイルが9月6日に新株予約権付社債と新株予約権をアマゾンに割り当てる。アマゾンが社債の株式転換を行い、かつ新株予約権を行使した場合、アマゾンは36.95%を出資投資(8月19日訂正)する筆頭株主になる。アイスタイルがアマゾンから調達する資金は、合計で約140億円。

 アイスタイルはアマゾンジャパンのECサイトへの出店を通じて、化粧品と美容に関するさまざまな情報をアマゾン会員に提供するほか、化粧品の販売も行う。

 また、アイスタイルは三井物産や投資事業組合のトリプルフォー、アイスタイル社長の吉松徹郎氏の資産管理会社にも新株予約権付社債を割り当て、約43億円を調達する。アマゾンを含む4者からの資金調達額は合計で約183億円となり、借入金の返済に約73億円、IT基盤やセキュリティの強化などテクノロジー投資に約110億円を充てる。

 アイスタイルは化粧品・美容の口コミサイトのほか、化粧品のECサイトや化粧品専門の実店舗を運営する。2022年6月期の売上高は前期比11.2%増の344億円、営業損益は4億円の赤字(前期は6億円の赤字)だった。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media