ヤマト運輸、バッテリーEVトラック500台を導入 首都圏中心に順次

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ヤマト運輸が導入を始める日野自動車が開発した小型商用バッテリー電気自動車トラック
超低床・ウォークスルー型の量産車「日野デュトロZEV」を導入する

 ヤマト運輸は8月10日から、日野自動車が開発した小型商用バッテリー電気自動車(BEV)トラックの導入を始める。首都圏を中心に順次、500台を導入する。環境負荷の軽減と集配業務の効率化につなげる。

 導入するのは、「日野デュトロZEV」で最大積載量は1トン。量産型の国産小型商用BEVトラックの導入は、国内で初めての事例となる。

 日野デュトロZEVは、普通免許で運転できる。ウォークスルー構造となっているため運転席から荷室に直接移動できるほか、運転席や荷室の床が低いため乗降がしやすく、ドライバーの負担を軽減できる。

 ヤマト運輸と日野自動車は2021年11月から、東京都日野市と埼玉県狭山市でデュトロZEVを使った集配業務の実証実験を行ってきた。検証結果を踏まえ、本格導入を決めた。

 ヤマトグループは、30年までに温室効果ガス排出量の48%削減(20年度比)を目指しており、実現に向けた主要施策の一つとして同年までにEV2万台を導入する目標を掲げている。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media