イズミ、東広島市に「ゆめモール西条」 今秋開業

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

「ゆめモール西条」の外観イメージ
核店舗の「ゆめマート西条」は、イズミグループでは初めて使用電力の100%を再生可能エネルギーで賄う

 イズミは2022年秋、広島県東広島市に「ゆめモール西条」をオープンする。共用の駐車場を囲むように複数の店舗棟が立ち並ぶオープンモール形式のショッピングセンター(SC)で、最終的に30店舗(イズミ直営店を含む)が出店する。

 「ゆめモール」の屋号でのSC出店は、広島エリアでは初めて。イズミが運営する食品スーパー「ゆめマート西条」を中心に、家電量販店の「ケーズデンキ」、靴専門店「ABCマート」、喫茶店の「コメダ珈琲店」など23店舗が22年秋に開業。その後、22年冬から23年秋にかけて、ホームセンターの「コーナンPRO」、カジュアル衣料の「ワークマン女子」など7店舗が順次オープンする。

 敷地面積は約9万6700㎡、総店舗面積は約2万9300㎡で、駐車場の収容台数は約1480台。約43億円を投じて開発した。

 核店舗となるゆめマート西条は、イズミグループでは初めて使用電力の100%を再生可能エネルギーで賄う。再エネ事業者が同店に太陽光発電設備を設置。イズミが長期契約を結んで自家消費する。太陽光発電で不足する電力は、中国電力から別途、再エネを調達する。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media