ファミマとローソン、AIドラレコを社有車に導入 安全対策を強化

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ファミマとローソンが社有車に導入したAIドラレコ
交通事故につながるリスクのある運転をAIで可視化する

 タクシー向け配車システムなどを手がけるモビリティテクノロジーズ(MoT、東京都港区)は8月1日、ファミリーマートとローソンの社有車に人工知能(AI)を活用したドライブレコーダーが採用されたと発表した。

 ファミリーマートとローソンは、店舗を巡回するスーパーバイザーなどが使用する社有車に、MoTのAIドラレコサービス「DRIVE CHART(ドライブチャート)」を導入、交通安全対策を強化する。

 ドライブチャートは、衝撃や車間距離、脇見運転などをリアルタイムで検知して警報を発するほか、急加速や速度超過、一時停止不足などドライバーの運転傾向をレポート。ドライバーや運行管理者がインターネットでレポートを閲覧し、安全対策に役立てることができる。

 MoTによると、ドライブチャートはタクシーや営業車、長距離トラックなど約4万台の車両で採用されている。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media