ユニクロ、Tシャツの利益を全額寄付 慈善プロジェクト開始

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ユニクロ、Tシャツの利益全額を人道支援団体に寄付
各界の著名人がデザインに協力したTシャツを販売、利益を人道支援団体に寄付する

 ファーストリテイリング傘下のユニクロは、Tシャツブランド「UT」で人道支援の慈善プロジェクトを始める。著名人がデザインしたTシャツを1500円で販売、販売金額の20%相当の利益全額を人道支援団体に寄付する。

 国内外の各界著名人15人が、ボランティアでデザインに協力した。このうち、建築家の安藤忠雄氏、クリエイティブディレクターの佐藤可士和氏、小説家の村上春樹氏、ノーベル生理学・医学賞受賞者の山中伸弥氏ら5人がデザインしたTシャツを6月17日に発売した。

 プロジェクト名は「PEACE FOR ALL(ピース・フォー・オール)」。プロジェクトを通じて集まった寄付金は、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国際NGO(非政府組織)のセーブ・ザ・チルドレン、プラン・インターナショナルの3団体に寄付する。

 Tシャツのデザインには、ファッションデザイナーのジョナサン・アンダーソン氏、プロテニス選手の錦織圭氏、プロゴルファーのアダム・スコット氏らも協力する。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media