ホームセンター5月業績 客足伸び悩み苦戦

2022/06/16 13:00
ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ビバホーム内観
主要ホームセンターの5月の業績は、各社とも苦戦を強いられた

 主要ホームセンターの5月の業績は、各社とも苦戦を強いられた。今年は3年ぶりに行動制限が解除されたものの、昨年、一昨年の反動を受けて既存店ベースで全社が客数マイナスとなった。土曜日が前年より1日少なかったことも影響した。

 そうしたなかで、コメリが堅調だった。同社によると、ガーデニング、家庭菜園に関連した商品が堅調に推移し、大袋肥料、農薬等の農家様向け資材の販売や、刈払機、除草剤等、雑草対策に関連する商品の販売も好調だった。また灯油抜き売上は既存店ベースで0.2%減、土曜日が1日少ないことによる影響が同1.2%減だったので、実質的にもプラスとなった模様だ。

 主要HCの5月の前年同月比は以下の通り。

会社名(業態) 既存店 全店
売上高 客数 客単価 売上高
コメリ 0.0 ▲ 4.3 4.5 1.4
PW ▲ 0.9 ▲ 4.7 3.9 2.4
PRO 2.6 ▲ 8.3 11.8 58.6
H&G 0.4 ▲ 4.2 4.8 0.7
DCMホールディングス ▲ 3.9 ▲ 6.5 2.8 ▲ 2.9
コーナン商事(連結) ▲ 7.3 ▲ 10.0 3.0 ▲ 5.1
ジョイフル本田 ▲ 7.5 ▲ 9.3 1.9 ▲ 5.8
ナフコ ▲ 5.2 ▲ 7.6 2.6 ▲ 5.1
アークランドサカモト ▲ 6.7 ▲ 7.8 1.1
ビバホーム ▲ 12.6 ▲ 11.7 ▲ 1.0
ケーヨー ▲ 7.7 ▲ 8.6 1.0 ▲ 8.8
ハンズマン ▲ 3.7 ▲ 3.3 ▲ 0.5 ▲ 3.7
アレンザホールディングス ▲ 4.0 ▲ 5.6 1.7 ▲ 2.5
内HC事業 ▲ 3.4 ▲ 5.9 2.6 ▲ 2.2
ジュンテンドー(HC店舗) ▲ 0.6 ▲ 2.6 2.1 0.1
イオン九州(HC業態) ▲ 4.3 ▲ 1.9

※コーナン商事とジュンテンドーは速報値
 アークランドサカモトとビバホームは全店数値発表なし

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media