イオンディライト、電力需要抑制サービスを開始、関電・九電と

Pocket

 イオン系施設管理大手のイオンディライトは7月から関西電力および九州電力の管内で、需給逼迫時における電力需要抑制サービスを始めた。

 電力需要が多い9月までが対象で、需給逼迫時に電力会社側から需要抑制の依頼があった場合、イオンディライトが施設管理などを受託する商業施設やビルなどで空調を調整するなどして電力使用量を減らす。

 電力使用量の削減実績に応じて、電力会社はイオンディライトを通じて施設側に協力金を支払う。イオンディライトは電力使用量を可視化し、空調などを自動制御するエネルギーマネジメントサービスを提供しており、同サービスを利用している施設を中心に協力先を増やしていく方針。

イオンディライトの記事ランキング

まだデータがありません。

関連記事ランキング

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態