カインズ 100%再生可能エネルギー使用「カインズ壬生店」オープン

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

カインズ壬生店の外観
木質バイオマス発電や太陽光発電の電力を使用し、カインズとして初めて店舗で使用する電気を100%再生可能エネルギーで調達する、CO2フリー店舗。(写真はプレスリリースより)

 カインズは6月18日、「カインズ 壬生店」(栃木県壬生町)をオープンする。同店は、木質バイオマス発電や太陽光発電の電力を使用し、カインズとして初めて店舗で使用する電気を100%再生可能エネルギーで調達する、CO2フリー店舗。

 カインズは、電力小売事業を営むエフオンとバイオマス電力の需給契約を締結。エフオングループが壬生町内で運営するバイオマス発電所では、地元の森林の間伐材などを中心に、国産木材を由来とした木質チップのみを燃料として、再生可能エネルギー電気を生み出している。カインズはこの電気を地産地消する形で、今回のCO2フリー店舗を実現した。

 さらに壬生店では、カインズ最大となる太陽光発電システム150kwを導入し、店舗の屋上に 400 枚の太陽光パネルを設置。太陽光で店舗の年間電気使用量の約 22%を賄う。

 また、省エネ性能を評価する第三者認証制度「建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)」で最高評価の 5 つ星を獲得した。

 カインズは、2025 年までに自社店舗・オフィス・倉庫など建屋のカーボンゼロを達成したうえで、50 年までにカインズのサプライチェーン全体のカーボンゼロを達成すると共に、カインズのある「まち」のカーボンゼロ達成にも貢献していくことを目指している。

 壬生店は、宇都宮市と小山市の中ほどに位置する壬生町に出店。売場面積は約8400平方メートル。駐車台数288台(予定)の店舗。北関東自動車道壬生ICから車で5分、2022年度内に完成予定の下野スマートICからも近く、アクセスのよい立地となっている。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media