良品計画、余った食材使った弁当を崎陽軒と共同開発、「無印良品」で限定販売

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

崎陽軒の弁当製造過程で余った食材を使い、良品計画と共同開発し、「無印良品 湘南台バーズ店」で期間限定販売する「『もったいない』を見直そう弁当」
崎陽軒の看板商品である「シウマイ弁当」などを製造する過程で余った食材、サイズ・形が規格外の食材などを活用する

 良品計画は、弁当の製造過程で余った食材を使った弁当を崎陽軒(横浜市)と共同開発し、「無印良品 港南台バーズ」(同)で期間限定販売する。商品名は「『もったいない』を見直そう弁当」で、販売期間は6月4日から12日までを予定する。

 崎陽軒がシューマイや弁当を製造する過程で余った食材を使って当日中に弁当をつくり、午後4時から販売する。販売数は最大で100個を予定するが、余剰食材の量によって生産・販売数は変動する。

 「『もったいない』を見直そう弁当」の価格は830円(税込)で、山菜ごはんのほか、メンチカツ、マグロと長ネギの白ゴマ炒め、鶏のから揚げなどのおかずが入る。無印良品 港南台バーズに加え、崎陽軒本店ショップ(横浜市)でも販売する。

 崎陽軒では、生肉を毎日仕入れ、添加物や化学調味料を使わずにシューマイを毎日生産、1日数回に分けて各店舗に配送している。同社の看板商品である「シウマイ弁当」などを製造する過程で余った食材やサイズ・形が規格外の食材を再利用することで、食品廃棄の削減につなげる。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media