【米JCペニー】 ジョンソンCEOを更迭、前CEOのウルマン氏がトップに復帰

2013/04/11 00:00
Pocket

 米大衆百貨店大手のJCペニーでは4月8日、最高経営責任者(CEO)のロン・ジョンソン氏が同日付で退任し、前CEOのマイク・ウルマン氏が後任に就いた。

 

 米アップルの小売部門トップから鳴り物入りでJCペニーに迎え入れられたジョンソン氏は2011年11月のCEO就任からわずか1年4ヵ月余りで退任、前CEOがトップに返り咲く異例の人事となった。

 

 アップルストアの成功にならってJCペニーのブランドイメージを高めようと、安売りを減らしたり、取扱ブランドを大幅に入れ替えたりしたジョンソン氏だが、主要顧客の離反を招くなどして13年1月期決算で既存店の売上高が前期比25.2%のマイナスと大幅に落ち込み、営業損益ベースで13億ドルの大赤字を計上、事実上更迭された。

 

 ウルマン氏は11年に退任するまで約7年間、JCペニーのCEOを務めた。それ以前には百貨店RHメーシー(米最大手百貨店メーシーズの前身の一つ)の会長兼CEOや仏LVMHグループ傘下の旅行者向け小売チェーン、DFSグループのトップなどを歴任した。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media