メルカリとヤマト、商品の集荷・梱包サービスを実証実験 都内の一部で

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

メルカリとヤマト運輸が商品の集荷・梱包サービスの実証実験を都内の一部で開始
梱包・発送の手間を省くことで、フリマアプリの利用を促進する

 メルカリ子会社のメルロジ(東京都港区)はヤマト運輸と共同で、フリマアプリ「メルカリ」で取引が成立した商品の集荷・梱包サービスの実証実験を行う。160サイズ(箱の縦・横・高さの合計が160cm以内)までの商品について、ヤマトが梱包と発送を代行する。

 5月23日から6月30日まで、江東区と杉並区の一部エリアで実証実験を続ける。メルカリが実施したアンケート調査では、メルカリへの出品意向はあるものの、出品しない理由として最も多かったのが「梱包・発送作業が大変そうだから」だった。梱包・発送の手間を減らすことで、フリマアプリの利用を促進する。

 実証実験の期間中、対象エリアに在住する出品者が取引成立後にメルカリアプリで「梱包依頼」を選択すると、ヤマトのドライバーが自宅まで集荷に来て出品物を預り、梱包を代行する。サービスの利用料は160サイズまでで一律500円(税込・送料別)とする。

 メルカリでは2020年2月からヤマトホームコンビニエンスと共同で、450サイズまでの中型・大型商品について、ドライバーが集荷・梱包・発送を行うサービス「梱包・発送たのメル便」を提供している。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media