【セブンイレブン】移動販売の「あんしんお届け便」、茨城で開始

2011/05/17 12:17
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

 セブンーイレブン・ジャパンは5月18日から専用車を使った移動販売サービス「セブンあんしんお届け便」を茨城県で始める。同県城里町の「セブンーイレブン常北下古内店」を拠点に、城里町周辺の集落を巡回し、おにぎりや弁当、パン、飲料など約150アイテムを販売する。

 軽自動車を改造した移動販売専用車は米飯類の販売ケースや冷凍庫を備え、4つの温度帯別の商品販売が可能。弁当などを温める電子レンジも設置することができる。買い物の決済には手持ちタイプの簡易レジを使う。

 セブンイレブンでは近隣に食料品販売店舗がない過疎化地域などで、移動販売サービスを展開していく予定。コンビニエンスストアではローソンが、一部地域で移動販売車「モバイルローソン号」を運用。現在は、東日本大震災の被災地で臨時営業している。

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media