【東急ストア】ネットスーパー事業参入、楽天グループのシステム利用

2009/08/04 12:16

 東急ストアは10月からネットスーパー事業に参入する。10月1日以降、横浜市の2店舗(藤が丘店、田奈店)と川崎市の1店舗(宮前平店)で順次、インターネット経由での注文を受け付ける。取り扱い品目数は生鮮食品、加工食品、生活用品など約4200。午後2時半までに注文すれば、その日のうちに自宅まで商品が届く。配送料金は注文金額5000円以上が315円、5000円未満だと525円。

 

 ネットスーパーのシステムについては、楽天傘下のネッツパートナーズが提供する。また、ネッツパートナーズが運営するネットスーパーの共同ウェブサイト「食卓.jp」にも「東急ストアネットスーパー」の名称で出店する。同サイトには食品スーパーのマルエツ、紀ノ国屋もネットスーパーを出店している。

 

 ネッツパートナーズは楽天とのシステム連携を完了しているため、「東急ストアネットスーパー」では楽天の会員IDでも買い物ができ、楽天市場と同様に注文金額の1%が「楽天スーパーポイント」として付与される。

 

 イトーヨーカ堂、西友などネットスーパー事業で先行する大手スーパーは自前のシステムを構築しているが、ネッツパートナーズなど第3者が提供するシステムを利用すれば、初期投資負担を抑えるメリットがある。

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media