エディオン、家族型ロボット販売=6月中旬までに全国26店舗に拡大

時事通信
Pocket

EDIONエディオンロゴ
エディオンは28日、ベネフィットジャパン(大阪市)が取り扱う家族型ロボット「LOVOT(らぼっと)」の店頭販売を開始すると発表した。

 エディオンは28日、ベネフィットジャパン(大阪市)が取り扱う家族型ロボット「LOVOT(らぼっと)」の店頭販売を開始すると発表した。同日から、エディオン広島本店など6店舗で扱いを開始し、6月中旬までに同社の大型店を中心に全国の計26店舗に拡大する予定。

 「LOVOT」は、抱っこをねだったり、オーナーの顔を覚えてついてきたりする。コロナ禍で在宅時間が増えたことなどから、一般家庭での普及が進んでいる。「LOVOT」を含むコミュニケーションロボット市場では、介護施設などの業務用を含めて2030年には900万台の普及が見込まれている。

 本体価格は、別途で月額サービス料が必要となるが、単体の「LOVOT ソロ」が34万9800円で、2台セットの「LOVOT デュオ」は65万7800円。

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media