旧フェイスブックが初のリアル店舗「メタストア」開設、ハードウェア製品を販売

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

米メタ・プラットフォームズ(旧フェイスブック)がカルフォルニア州バーリングゲーム本社敷地内にオープンさせた初のリアル店舗「メタストア」
VRヘッドセット「メタクエスト2」やビデオ通話機器「メタポータル」などを試用、購入できる

 米メタ・プラットフォームズ(旧フェイスブック)は5月9日、カリフォルニア州バーリンゲームの本社敷地内に初のリアル店舗「メタストア」をオープンする。VR(仮想現実)技術などを活用した同社のハードウェア製品を体験し、購入もできる店舗とする。

 約1550平方フィート(144㎡)の店舗では、VRヘッドセット「メタクエスト2」やビデオ通話機器「メタポータル」、イタリアの眼鏡メーカーのエシロールルックスオティカと共同開発したスマートグラス「レイバン(Ray-Ban)ストーリーズ」を試用できる。

 メタクエスト2を装着して「ビートセイバー(Beat Saber)」「ゴルフ+」などのゲームを体験でき、VRヘッドセットで見ている映像が壁面に設置した大型LEDスクリーンに表示される。メタポータルを使って店舗スタッフとビデオ通話を試すこともできる。

 メタクエスト2とメタポータルは店舗で購入できる。音楽を聴いたり、写真や動画を撮影したりできるレイバンストーリーズについては、レイバンのウェブサイトで購入できるように店舗スタッフがサポートする。

 メタストアは、没入感のある仮想空間「メタバース」を研究しているリアリティラボの近くにオープンする。同社はメタバースの開発に注力しており、メタストアを通じてメタバースの世界観を体験してもらうと同時に、来店客の声を研究開発に生かしていく。

 なお、同社のウェブサイト「meta.com」には、ハードウェア製品を購入できる「Shop」タブが追加された。

メタクエスト2を装着して人気のオンラインゲームを体験している様子
メタクエスト2を装着して人気のオンラインゲームを体験している様子

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media