高島屋、新宿店にショールーム型店舗、5つのテーマで商品提案

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

高島屋新宿店にオープンするショールーム型店舗「Meetz STORE」の完成イメージ
専用オンラインサイトで展示ブランドの商品を購入すると、希望に応じてギフト包装して配送する

 高島屋は4月29日、高島屋新宿店(東京都渋谷区)にショールーム型店舗「Meetz STORE(ミーツストア)」をオープンする。「食・グルメ」「ジェンダーレスなライフスタイル」「ビューティー」「アート&クラフト」「エシカル」の5つのテーマに沿った商品を提案する。

 ミーツストアは高島屋とトランスコスモスの合弁会社、タカシマヤ・トランスコスモス・インターナショナル・コマース(シンガポール)が運営する。展示された商品はその場で購入することはできないが、専用オンラインサイトで購入すると希望に応じてギフト包装して配送する。LINEやメールなどのアカウントを通じて、住所を知らない相手にもギフトを贈ることができる。

 ミーツストアでは、5つのテーマに沿って、5人のキュレーターが一部の商品をセレクトする。タレントの寺門ジモンさん(食・グルメ)、建築デザイナー・コンサルタントのサリー楓さん(ジェンダーレスなライフスタイル)、俳優・モデルの浦浜アリサさん(ビューティー)などがキュレーターを務める。

 出展予定のブランドは、添加物不使用のポタージュ「THE POTAGE(ザ・ポタージュ)」、スキンケアの「EUREA(エウレア)」、観葉植物・インテリアの「AND PLANTS(アンドプランツ)」、現代風和菓子の「平戸百菓繚乱」など。

 6月頃からはタイの小売業サイアムピワットがセレクトする現代工芸品やファッションなど3ブランドも出展する予定。ブランドのラインナップは数カ月ごとに変更する。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media