イオンリテール、体験型ライフスタイル旗艦店を横浜・保土ケ谷に出店

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

体験型ライフスタイル店舗の旗艦店「イオン天王町ショッピングセンター」の完成イメージ
核店舗「イオンスタイル天王町」と約50の専門店で構成される「イオン天王町ショッピングセンター」の外観イメージ

 イオンリテールは2022年秋、横浜市保土ケ谷区に体験型ライフスタイル店舗の旗艦店と位置づける「イオン天王町ショッピングセンター(SC)」を出店する。リアルとデジタルの最新フォーマットを結集した核店舗「イオンスタイル天王町」と約50の専門店で構成するSCとなる。

 2020年2月に一時閉店した「イオン天王町店」の跡地に出店する。敷地面積は約1万7000㎡、建物は地下1階地上3階建てで、地上1〜3階に店舗が入る。総店舗面積は約1万6500㎡。

 1階が食品と日用品、美容健康関連商品を扱うフロアで、レストランやカフェも出店する。2階は住居関連売場「ホームコーディ」など、3階は子ども用品やフードコート、カジュアル衣料専門店などが入る予定。

 1階では、コーヒーや輸入食品の専門店「カフェランテ」やアジア発の化粧品コーナーのほか、植物由来の食品「トップバリュ ベジティブ」もコーナー展開する。漁業・養殖の国際認証であるMSC・ASC認証や農業の「グローバルGAP」認証の商品も豊富に取り揃える。こうした商品はネットスーパーやEコマースでも注文でき、店舗で受け取ることが可能。

 来店客がスマートフォンで商品バーコードを読み取って専用レジで会計する「レジゴー」や、人工知能(AI)を活用した商品提案・サービスなどを導入し、従業員の効率的な働き方につなげる。

 また、約1000品目を取り扱うイオンリテールとしては最大級の冷凍食品コーナーや、イオンのスポーツ用品売場とスポーツクラブ「3FIT」を融合した新業態も展開する。

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media