ワタミと森永乳業が協業、宅配弁当と乳製品をセット販売

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

森永乳業の市丸充男常務取締役員首都圏支社長(左)とワタミの渡辺美樹会長兼社長
森永乳業の市丸充男常務執行役員首都圏支社長(左)とワタミの渡邉美樹会長兼社長

 ワタミと森永乳業は、食事宅配サービスでの協業を4月からスタートした。「ワタミの宅食」の弁当と森永乳業の乳製品をセットで販売、ワタミの配達員「まごころスタッフ」が商品を届ける。

 ワタミの宅食のテレビショッピングで販売する特別プランを用意した。「まごころおかず」「まごころダブル」「まごころ御膳」「まごころ手鞠」の4種類を組み合わせた20日間の弁当・総菜と「カラダ強くするのむヨーグルト」20本セットを9900円で販売する。

 弁当・総菜と一緒に乳製品を摂取することで、不足しがちな栄養素であるカルシウムやたんぱく質などを補充できる点をアピールする。ワタミでは、感染症の影響で対面営業が難しいなか、高齢者層に商品の魅力やサービスの利便性を訴求するために2021年4月に宅食のテレビショッピングを開始した。

 ワタミは、毎日約24万食の弁当・総菜を配達している。自社の弁当・総菜だけでなく、さまざまな食品の取り扱いを拡大していく方針で、乳製品をはじめ育児用ミルク、栄養補助食品、流動食など幅広い商品を展開する森永乳業との協業によって、そのスピードを加速させる考えだ。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media