「セブンプレミアム」の豆大福、2.7万個回収=金属片混入の恐れ

時事通信

 セブン―イレブン・ジャパンは1日、自主企画のプライベートブランド「セブンプレミアム」で販売する「北海道十勝産小豆使用 豆大福」を自主回収すると発表した。回収数は2万7679個で、製造機器の金属片が混入した恐れがあるため。これまでに健康被害の申し出はないという。

 対象の大福は3月29日から4月1日まで東京、千葉、埼玉、栃木、群馬、茨城、新潟の7都県にある計5180店で販売した。金属片を見つけた購入客が3月31日にセブンへ連絡した。

 問い合わせ先は製造元の十勝大福本舗(北海道幕別町)の東京工場で、フリーダイヤル(0120)258644。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media