東急ストア、88店舗で「楽天チェック」を導入、来店するだけで最大50ポイント

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

東急ストアが導入した「楽天チェック」
東急ストアの店内で楽天チェックのアプリを使ってチェックインすると、ポイントを獲得できる

 東急ストア(東京都目黒区)は3月24日から、楽天ペイメント(東京都港区)が運営する実店舗送客サービス「楽天チェック」の導入店舗を37店舗追加する。これにより、「東急ストア」「プレッセ」88店舗(「フードステーションミニ エキュート品川店を除く全店」)で、楽天チェックを利用できるようになる。

 東急ストアは2020年以降、スマートフォン決済の「楽天ペイ(アプリ決済)」や共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」、電子マネー「楽天Edy」を順次導入するなど、楽天グルーブとの連携を深めてきた。

 楽天チェックについては、21年7月から順次導入を進めてきた。楽天チェックのアプリをスマホにダウンロードした上で、東急ストア店内の指定の場所でアプリのチェックインボタンをタップすると、くじ引きで最大50ポイントを獲得できる。

 主要スーパーでは西友が21年11月から、「西友」「リヴィン」「サニー」の全店舗で楽天チェックを導入している。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media