アマゾンジャパン、商品受け取りロッカーの設置を1800カ所以上に拡大

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

アマゾンジャパンのロッカー受け取りのイメージ
ロッカーで商品を受け取る際は、メールで送られてくる6ケタの認証キーを入力する

 アマゾンジャパン(東京都目黒区)は11月15日、商品受け取り用ロッカーの設置場所が23都道府県の1800カ所以上に広がったと発表した。購入者が自分の都合のいい時に商品を受け取れる拠点を増やすことでEC(インターネット通販)の利便性を高めるとともに、再配達を減らすことで配送の効率化につなげる。

 同社は、購入者がコンビニやスーパーなど最寄りの店舗のカウンター、ロッカーで商品を受け取れるサービスとして「Amazon Hub(アマゾン・ハブ)」を展開している。ロッカーの設置場所はコンビニやスーパーのほか、駅構内が中心となっている。

 アマゾン・ハブのロッカーを設置している主な提携企業は、ファミリーマートや食品スーパーのバロー、ベルク、ベイシア、ヤオコー、ドラッグストアのスギ薬局、クリエイトエス・ディーなど130社近くに増えている。

 アマゾンのウェブサイトで商品を購入する際、配送先としてロッカーまたは店舗カウンターを選択することで、アマゾン・ハブのサービスを利用できる。ロッカーで商品を受け取る際は、メールで送られてくる6ケタの認証キーを入力し、自分で商品を取り出す。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media