ネットスーパー基盤「楽天全国スーパー」を年内に提供開始、ベイシアと契約

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

楽天全国スーパーのロゴ
受注管理やオンライン決済などネットスーパーの運営に必要なシステムを提供するほか、集客・販促の支援なども行う

 楽天グループは8月19日、ネットスーパーの全国的なプラットフォーム「楽天全国スーパー」を2021年中に立ち上げると発表した。プラットフォーム立ち上げに先立って、群馬県に本社を置くベイシア(前橋市)が、楽天全国スーパーに参画することで合意契約を結んだ。

 楽天全国スーパーは、食品スーパー事業者が早期にネットスーパーを立ち上げられるプラットフォームで、楽天が西友と共同運営する「楽天西友ネットスーパー」のノウハウを盛り込んだ。

 受注管理やオンライン決済などネットスーパーの運営に必要なシステムを提供するほか、ネットスーパーへの集客や販促支援、配送オペレーション立ち上げのコンサルティングなども行う。食品スーパー事業者は初期費用なしで利用でき、売り上げに応じたシステム利用料とマーケティング費用を負担する。

 また、ネットスーパーの利用者側は楽天全国スーパーに住所などの個人情報を登録した上で、郵便番号を入力すると居住エリアへの配送に対応するネットスーパーを検索できる。利用金額に応じて、「楽天ポイント」が貯まる。

 楽天によると、楽天西友ネットスーパーの2021年1〜3月期の売上高は前年同期比29.9%増、4〜6月期も28.4%増と好調に推移している。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media