ビオセボン、オンラインストアの好調支える「SNSマーケティング」とは

若狭 靖代(ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

6月16日、ビオセボン・ジャポン(東京都/岡田尚也社長)は、展開するオーガニックスーパーマーケット「Bio C’ Bon(以下、ビオセボン)」の店頭で取り扱う商品を販売するオンラインストアを開設した。開設から約1カ月が経過した現在の動向と、オンラインストアと密接な関係にある同社のSNSマーケティングについてレポートする。

オーガニックを全国へ届ける

 ビオセボンは東京・神奈川に27店舗(21年7月末)を展開する食品スーパー(SM)で、「オーガニックを日常に」をコンセプトに掲げ、多岐に渡るオーガニック食品を取り揃えている。近年の健康志向の高まりを受けオーガニックやヴィーガン食へ関心が集まるなか、「利用してみたいが近くに店舗がない」という声を受け、店舗のない地域でも手軽にオーガニック食品を購入することができる手段としてオンラインストアを開設したかたちだ。

 オンラインストアでは、ビオセボンが店頭で販売している商品のうち生鮮食品、冷凍食品、デリカを除く約2300品目(一部オンラインストア限定商品あり)を取り扱う。常温便・冷蔵便の2温度帯が利用可能で、宅配便で全国へ届ける。現在、配送拠点としているのは「ビオセボン武蔵小杉店」(神奈川県川崎市)。オンラインストアオープン直後には注文が殺到する場面もあったというが、大きな配送遅延などはなく順調な滑り出しだった。

 売れ筋商品の代表は、店舗でも看板商品となっている植物性ミルク「イソラビオ」シリーズだ。重くかさばる商品のため、普段実店舗を利用しているユーザーでも「イソラビオ」だけはオンラインストアでまとめ買いする購買行動がみられるという。また、ベビーキッズカテゴリーでは、オーガニックフルーツ果汁100%のチューブ入りスムージーや、ベビー用菓子類のまとめ買いも目立ち、小さな子供を抱えて外出がしにくいがオーガニック食品を購入したいという母親層からも支持を集めていることがわかる。

 特筆したいのが、これらの商品のように、同社がSNSで紹介した商品を中心によく売れる傾向があるという点だ。実はビオセボンは、SNSを通じたファンマーケティングの成功例ともいえる成果を挙げているのだ。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media