イオン九州、USMHのアプリを使った「オンラインデリバリー」開始

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

イオン九州のUSMHのアプリを使った「オンラインデリバリー」
「マックスバリュ千早店」でのサービス開始を皮切りに、他店でも順次オンラインデリバリーを始める予定だ

 イオン九州は8月3日、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(USMH)が開発したネットスーパーサービス「オンラインデリバリーイグニカ(Online Delivery Ignica)」をマックスバリュ千早店(福岡市東区)で始める。

 同店の店頭で取り扱う食品・日用品約6000品目を専用アプリで注文し、自宅や店舗で受け取ることができる。同店では受け取り専用ロッカーを設置しており、ロッカーで受け取る場合は配送料無料。自宅で受け取る場合は300円(税別)の配送料がかかる。

 支払いはアプリに登録したクレジットカードで行う。購入金額100円につき1ポイントの「イグニカポイント」が貯まり、オンラインデリバリーでの買い物に利用できる。

 イオン九州では、マックスバリュ千早店でのサービス開始を皮切りに、他店でも順次オンラインデリバリーを始める予定だ。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media