SCの店頭在庫をECで販売、「モゾプラス」が8月15日オープン

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

名古屋市にある大型SC「mozo(モゾ)ワンダーシティ」の店頭在庫を販売するECサイト「モゾプラス(mozoPLUS)」
SCの公式アプリと連携させることで、ポイントを利用したり、貯めたりできる

 名古屋市にある大型ショッピングセンター(SC)「mozo(モゾ)ワンダーシティ」の店頭在庫を販売するEC(インターネット通販)サイト「モゾプラス(mozoPLUS)」が8月15日にオープンする。SCの営業時間外でもオンラインで店頭在庫を販売することができ、テナント専門店の販売機会が広がる。

 同SCを運営するイオンモールと物件を所有する日本都市ファンドが発表した。注文を受けた商品はテナント専門店から利用者の自宅などへ発送する。店頭やSC内に設置予定の受取カウンター、受取ロッカーでも商品を受け取れるようにする。

 物流委託先であるワールドサプライ社のスタッフがSC内を巡回し、テナントが出荷する商品を引き取る。テナントの販売スタッフは伝票記入などの手間を省くことができる。

 モゾプラスは、モゾワンダーシティの会員アプリと連携しており、アプリ会員は店頭でもECサイトでもポイントを利用したり、貯めたりすることができる。アプリ会員数は7月13日現在で約10万人となっている。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media