決済、ラストマイルの新キーワード「ペイ・バイ・パーム」「イン・ガレージ・デリバリー」とは何か?

松岡由希子(フリーランスライター)
Pocket

流通最旬キーワード

ペイ・バイ・パーム

 ペイ・バイ・パームとは、手のひらの表皮の隆線や皮下の静脈、骨などの生体情報を用いた生体認証決済手段である。端末に手をかざすだけで決済できるため、コロナ禍での非接触へのニーズに応えた新たなキャッシュレス決済手段として注目されている。

 米アマゾン(Amazon.com)は、2019年12月、手のひらの画像からしわや静脈などの特徴を分析して署名を作成する非接触型の生体認証技術について米国で特許を取得。20年9月には、この技術を用いた非接触型認証システム「アマゾン・ワン(Amazon One)」を米シアトルのレジレス店舗「アマゾン・ゴー(Amazon Go)」で初めて導入した。

「アマゾン・ワン」の専用端末で手のひらをかざして決済する様子
「アマゾン・ワン」の専用端末で手のひらをかざして決済する様子

 「アマゾン・ワン」を利用するためには、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media