米アマゾンの販売業者、感謝祭週末の世界売上高48億ドル突破

2020/12/02 09:46
ロイター

米アマゾン
12月1日、 米アマゾン・ドット・コムは米年末商戦の幕開けとされる「ブラックフライデー」からインターネット通販の大規模セール「サイバーマンデー」の4日間で、同社サイトに出品するサードパーティー業者による世界売上高が48億ドルを突破したと発表した。前年から60%超の拡大となる。写真は11月25日、米ニューヨーク州で(2020年 ロイター/Brendan McDermid)

[1日 ロイター] – 米アマゾン・ドット・コムは1日、米年末商戦の幕開けとされる「ブラックフライデー」からインターネット通販の大規模セール「サイバーマンデー」の4日間で、同社サイトに出品するサードパーティー業者による世界売上高が48億ドルを突破したと発表した。前年から60%超の拡大となる。

ただ、同期間中の米売上高など、内訳や詳細は明らかにしていない。

アドビ・アナリティクスによると、米国のサイバーマンデーの売上高は108─114億ドルとなる見通し。米国での1日のオンライン売上高としては過去最大規模とみられる。

また、カナダの電子商取引ショッピファイは、感謝祭週末の売上高が76%急増の計51億ドルと、過去最高に達したと発表した。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media