3月以降受注件数急増!アマゾン生鮮宅配の次なる拡大の打ち手

取材=ダイヤモンドチェーンストア編集部 文=フリーランスライター 松岡由希子
Pocket

DCS Report大

トアマゾン・ドット・コム(Amazon.com)の日本法人、アマゾンジャパン(東京都/ジャスパー・チャン社長:以下、アマゾン)が生鮮食品のECサービスを拡大させている。コロナ禍による巣ごもり消費の活発化を追い風に売上が急増、生鮮食品の購買チャネルとして存在感を強めている。国内小売がこぞってネットスーパー強化に向けて動き出すなか、“ECの巨人”はどのように生鮮ECを拡大させようとしているのか──。

ライフとの協業が大阪でもスタート!

プライム会員なら「Amazonフレッシュ」の都度利用も可能に

Amazonフレッシュで扱う商品の配送拠点となる川崎フルフィルメントセンター
Amazonフレッシュで扱う商品の配送拠点となる川崎フルフィルメントセンター

 アマゾンは現在、有料会員向けの「Amazonプライム」のサービスの一環として、大きく2つの生鮮ECサービスを展開している。

 1つが生鮮食品や加工食品、総菜、飲料、日用品などを注文から最短当日に配送する「Amazonフレッシュ」。もう1つが、食品スーパー(SM)大手のライフコーポレーション(大阪府/岩崎高治社長:以下、ライフ)の店舗で販売している生鮮食品や総菜、パンなどを取り扱う即時配送サービス「Prime Now(プライムナウ)」だ。

 前者の「Amazonフレッシュ」では、ウェブサイトや公式モバイルアプリ「Amazonショッピングアプリ」から商品を注文し、最短当日から最長28日先まで(現在は指定可能な期間を一時的に制限)の8時から24時の時間帯で配達日時を指定すると、指定した住所に商品が届く。

 同サービスの強みは、生鮮食品や日配品、冷凍食品、総菜、ミールキットといった豊富な品揃えを競争力のある価格で提供している点、品質の高い配送サービスで、スピーディに顧客へ商品を届けられる点だ。

 生鮮食品を中心に、食品の鮮度や品質にこだわっているのも同サービスの特徴で、川崎フルフィルメントセンター(神奈川県川崎市)内にあるAmazonフレッシュ専用の物流拠点では食品の性質や季節に合わせた最適な6つの温度帯で保管するなど、独自の食品安全管理体制に基づいて徹底した品質管理を行っている。

 この「Amazonフレッシュ」は2017年4月の開始当初は月額税込500円(以降すべて税込)の「Amazonフレッシュ会員」のみが利用でき、注文ごとに配送料500円(注文金額が6000円以上の場合は無料)を課金していた。

 だが、より多くのAmazonプライム会員がこのサービスを柔軟に利用できるよう、19年9月に利用プランを改定。Amazonプライム会員であれば、配送料390円(注文金額が1万円以上の場合は無料)を支払えば、最低注文金額4000円以上で「Amazonフレッシュ」を都度利用できるようになった。これに伴い、Amazonフレッシュ会員は最低注文金額を4000円と定めたうえで配送料が無料となった。

Amazonフレッシュで扱う商品の配送拠点となる川崎フルフィルメントセンター(2)
Amazonフレッシュで扱う商品の配送拠点となる川崎フルフィルメントセンター

2020年3月以降、受注件数が急増

Prime Now/Amazonフレッシュ事業本部事業本部長の荒川みず恵氏
Prime Now/Amazonフレッシュ事業本部事業本部長の荒川みず恵氏

 20年8月現在、Amazonフレッシュは東京都・神奈川県・千葉県の一部地域を対象にサービスを展開している。

 「Amazonフレッシュの受注件数は、19年9月の料金プラン改定から20年2月にかけて堅調に伸びた後、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3月以降は急増している」

 そう話すのは、アマゾンのPrime Now/Amazonフレッシュ事業本部で事業本部長を務める荒川みず恵氏だ。急激な需要拡大を受け、アマゾンは

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media