米イーベイ、コロナ需要で第2四半期見通し引き上げ 株価最高値

2020/06/05 10:30
ロイター

米イーベイのロゴ
米電子商取引大手イーベイは4日、第2・四半期の売上高と利益見通しを引き上げた。新型コロナウイルスの影響で多くの人が自宅にとどまり、サービスの利用者が増えた。昨年7月撮影(2020年 ロイター/BRENDAN MCDERMID)

[4日 ロイター] – 米電子商取引大手イーベイは4日、第2・四半期の売上高と利益見通しを引き上げた。新型コロナウイルスの影響で多くの人が自宅にとどまり、サービスの利用者が増えた。

第2・四半期の売上高見通しは27億5000万─28億ドルと、従来の23億8000万─24億8000万ドルから引き上げ。調整後1株利益見通しは従来の0.73─0.8ドルから1.02─1.06ドルとした。

通期の業績も上振れしそうだと指摘。同社は4月、通期売上高見通しが95億6000万─97億6000万ドルになるとしていた。

株価は一時11.6%上昇し、過去最高値の51.88ドルを付けた。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media