ZOZO、越境ECで中国に7年ぶり再進出、商品は日本から発送

2019/12/13 12:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ZOZO、越境ECで中国に7年ぶり再進出、商品は日本から発送
日本の「ZOZOTOWN」に出店するショップのうち、177店が出店する

 ファッションEC(インターネット通販)サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するZOZOは12月10日、中国で越境ECを始めた。同社は2011年に中国で自社ECサイトを開設、中国のECサイト「淘宝商城(タオバオモール)」にも出店していたが、売り上げが伸びず、13年1月に撤退した経緯がある。今回は越境ECで約7年ぶりに中国に再進出する。

 中国版ZOZOTOWNのサイト名は「ZOZO」とする。日本のZOZOTOWNに出店するショップのうち、177店が出店する。今後も出店数を増やしていく。商品は国内の物流センター「ZOZOBASE」から中国に発送する。

 ZOZOでは上海に現地法人を置き、サイトの編集や翻訳のほか、中国での通関業務、顧客サポート業務などを代行する。これにより、中国版ZOZOTOWNに出店するショップは、追加コストなしで中国に販路を拡大することができるとしている。

 なお、ZOZOは株式公開買い付け(TOB)により、11月20日付けでソフトバンクグループ傘下のZホールディングスの子会社となった。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media