ファミマ、スマホアプリ「ファミペイ」でのポイント連携を開始、11月26日から

2019/11/12 11:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ファミマ、スマホアプリ「ファミペイ」でのポイント連携を開始
1つのバーコードで決済、クーポン、ポイントの利用が完結する

 ファミリーマートは11月26日から、共通ポイントサービスの「dポイント」および「楽天スーパーポイント」を導入する。従来から導入しているTポイントを含めて、同社の店舗で3つのポイントサービスを利用できるようになる。

 また、同日からスマートフォン(スマホ)アプリ「ファミペイ」での、ポイント連携も開始する。これにより、独自のスマホ決済「FamiPay」と電子クーポンに加えて、ポイントの利用もアプリだけで行えるようになる。

 ファミペイと共通ポイントを連携させるには、それぞれの共通ポイントサービスをアプリに事前登録する。その上で、連携させる共通ポイントを選択して、ファミペイでバーコード決済する。支払い金額200円(税込み)ごとに1ポイントが貯まり、貯まったポイントは全国のファミリーマート店舗などで支払いに利用できる。

 ファミペイで表示させた1つのバーコードで、決済、ポイント、クーポンの利用が完結するため、レジでの接客時間の短縮化につながる。ファミペイは7月から配信を開始、9月末時点でダウンロード数は370万を超えた。

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media