ペイペイ、加盟店申し込みから1日で利用可能に、全国で新サービス開始

2019/10/31 10:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ペイペイスマートスタート解説図
申し込みから利用開始までの流れを1日に短縮した

 スマートフォンを使った決済サービスを展開するPayPay(ペイペイ、東京都千代田区)は10月30日、小売店や飲食店などがペイペイ加盟店の申し込みをしてから1日で利用開始できる新サービス「ペイペイスマートスタート」を全国で始めたと発表した。

 ペイペイの決済を導入するには、加盟店が必要な情報を入力した上でペイペイが審査、その後、加盟店が決済管理ツールの初期設定などを行う必要があり、申し込みから利用開始まで約1週間かかっていた。

 新サービスでは、ペイペイの営業担当者が店舗を訪れて情報の入力や初期設置などをサポート、審査もすぐに完了できるようにした。また、QRコードと加盟店情報をひも付けするシステムを開発したことなどで、利用開始までの期間を1日に短縮できた。

 ペイペイスマートスタートは9月から東京や名古屋など一部地域で試験導入した後、10月から順次全国に広げている。ペイペイは10月1日に登録ユーザー数が1500万人を超え、加盟店は全国150万ヵ所を突破した。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media