中国アリババの馬会長が退任、スタジアムでイベント

2019/09/11 13:30
ロイター

ジャック・マー会長
9月10日、中国電子商取引最大手アリババ集団の馬雲(ジャック・マー)会長が10日、正式に会長職を退き、退任イベントが8万人収容のスタジアムで4時間にわたり行われた。写真は退任イベントで演奏するマー会長(2019年 ロイター)

[杭州(中国) 10日 ロイター] – 中国電子商取引最大手アリババ集団<BABA.N>の馬雲(ジャック・マー)会長が10日、正式に会長職を退き、退任イベントが8万人収容のスタジアムで4時間にわたり行われた。

イベントはさまざまに扮装した出演者によるダンスや歌が披露されるお祭り騒ぎとなった。馬氏も共同創業者の彭蕾(ルーシー・ペン)氏やほかの幹部らとロックスターに扮して、パフォーマンスに興じた。社員が寸劇や歌の出し物を演じた際には、馬氏が目に涙をためる場面もあった。

馬氏は招待客や社員に「今夜から私は新しい人生を始めます。私はこの世界は良いもので、たくさんのチャンスがあると強く信じています。興奮を呼び起こす出来事が大好きだから、早めに引退するのです」とあいさつした。

次世代通信技術「5G」やビッグデータなどで大きな変革が起きる中、アリババには社会を良くする責任を負ってほしいと期待を表明。「強い会社であるのは容易ではありません。しかし良い会社であるのはもっと難しい。会社の強さを決めるのはビジネスの能力ですが、良い会社というのは責任感を持ち、優しいものです」と訴えた。

馬氏は最近、ハイテク企業の従業員は夜も週末も働けと発言し、中国全土で論議を呼んでいた。

イベントでは会長を引き継ぐ張勇最高経営者(CEO)が、アリババはクラウドコンピューティングなどの分野に投資を続けていくと表明した。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media