アリババ、網易の高級品EC事業を20億ドルで買収

2019/09/06 17:30
ロイター

アリババ外観
9月6日、中国のアリババ・グループ・ホールディングは、中国のインターネットサービス会社である網易(ネットイース)傘下の電子商取引(EC)会社、考拉海購(カオラ)を20億ドルで買収することに合意した。写真はアリババ本部。6月に北京で撮影(2019年 ロイター)

[上海 6日 ロイター] – 中国のアリババ・グループ・ホールディングは、中国のインターネットサービス会社である網易(ネットイース)傘下の電子商取引(EC)会社、考拉海購(カオラ)を20億ドルで買収することに合意した。カオラは海外の高級品を扱う通販サイトを展開している。

中国では経済成長の鈍化に伴いネット通販も伸び悩んでいる。こうした中、アリババや京東商城(JDドットコム)などEC大手は、成長の原動力としてニッチ市場に目を向けている。

カオラはネットイースが2015年に設立。中国の富裕層をターゲットに、グッチや資生堂、バーバリーなど海外のブランドを提供している。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media