ゾゾタウン、類似商品をAIが検索、新機能の提供を開始

2019/08/28 23:46
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ゾゾタウン×AI
「画像検索アイコン」をタップすると、似ている商品を一覧で表示する

 ZOZO(千葉市)が運営するファッションEC(インターネット通販)サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」は8月26日、ユーザーが閲覧している商品と似た商品を人工知能(AI)が探し出す「類似アイテム検索機能」の提供を開始した。

 各商品画面上にある「画像検索アイコン」をタップすると、形や質感、色、柄などを基にAIが似ている商品を検出し、一覧で表示する。色や形などを表現する言葉はさまざまあるため、キーワード検索ではユーザーがイメージしている商品にたどり着けないことがある。新機能を使うことで、ユーザーはニーズに合う商品を探し出しやすくなる。

 数万人のユーザーを対象として行った類似アイテム検索機能の先行テストでは、利用者は非利用者に比べてサービスの滞在時間が4倍以上長くなったという。新機能の開発は、子会社のZOZOテクノロジーズ(東京都渋谷区)が行った。

 現在はジャケットやトップス、パンツ、シューズなど全25カテゴリーのうち主要8カテゴリーの330万点以上を対象に類似検索が可能となっている。対象となるカテゴリーやアイテム数は順次拡大していく。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media