セブン・ペイ、不正アクセス被害の補償対応を開始

2019/08/20 13:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

セブンペイ

 セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン・ペイは8月19日、スマートフォンを使ったバーコード決済サービス「7pay(セブン・ペイ)」の不正アクセス被害に遭った利用者への補償対応を開始した。

 対象となるのは、nanacoポイントからの不正チャージ(入金)被害に遭った利用者、または自身でチャージしたセブン・ペイ残高を第三者に不正利用された利用者。対象者には「7pay事務センター(0120-113-393)」から連絡し、補償に関して案内する。

 被害に遭った疑いがあり、まだ連絡していない利用者には「7payお客様サポートセンター緊急ダイヤル(0120-192-044)」に問い合わせるよう呼びかけている。

 セブン・ペイは7月1日にサービスを開始したが、翌日には一部利用者のアカウントが不正アクセスを受けた疑いが明らかになった。7月31日時点での不正アクセス被害者は808人、合計被害額は約3861万円だった。こうした事態を受けて、セブン・ペイのサービスは9月末で終了することが決まっている。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media