セブン&アイ、「7iD」パスワードを一斉リセット、不正アクセス対策の一環

2019/07/31 12:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

セブンペイ

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は7月30日、バーコード決済サービス「7pay(セブンペイ)」が不正アクセスを受けた対策の一環として、グループ共通のID「7iD」のパスワードを一斉にリセットした。利用者が再度ログインするには、パスワードを再設定する必要がある。

 7iDはセブンペイのほか、グループのEC(インターネット通販)サイト「オムニ7」、セブン-イレブン・ジャパンやイトーヨーカ堂などグループ各社が提供するスマートフォンアプリなどのログイン時に使用する。

 また、セブン&アイHDは同日、29日午後5時現在でセブンペイへの不正アクセスによる被害者数807人、被害総額約3860万円を認定したと発表した。7月中旬以降は新たな被害は確認されていない。

 セブンペイへの不正アクセスは7月2日に判明、セブン&アイHDでは5日に「セキュリティ対策プロジェクト」を立ち上げ、外部の情報セキュリティー会社と連携しながら対策を進めている。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media