バーコード決済「7Pay」で不正アクセス、クレジットカードでの入金を停止

2019/07/04 12:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

セブンペイ
身に覚えのない利用を知らせるメールが届くなどの被害が一部利用者で確認されている

 セブン&アイ・ホールディングスは7月3日、スマートフォン(スマホ)アプリを使ったバーコード決済サービス「7Pay(セブンペイ)」で、一部利用者のアカウントが第三者による不正アクセスを受けたことが確認されたと発表した。

 スマホアプリの履歴画面に身に覚えのない利用履歴があったり、身に覚えのない利用を知らせるメールが届いたりする被害が、一部の利用者で確認されている。

 取引の安全性が確認されるまで、クレジットカードおよびデビットカードでのスマホアプリへの入金(チャージ)を停止する対策を取った。セブン-イレブン店頭やセブン銀行ATMなどでの現金チャージはできる。

 セブン&アイでは、ログインIDやパスワード、クレジットカードまたはデビットカードを登録する際のパスワードが分かりやすいものになっている場合は不正アクセスを受けやすいため、IDやパスワードを変更するように呼びかけている。

 同社は7月1日から傘下のセブン-イレブン全店でセブンペイのサービスを始めた。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media