ヤマト運輸が開発! オートロック付きマンションで「置き配」する技術とは

2022/07/06 05:55
Pocket

2020年に「ECエコシステム」構想を掲げ、伸びゆくEC市場に対応するヤマト運輸(東京都中央区)。同年6月から展開しているEC向け配送商品「EAZY」では、非対面の「置き配」ニーズにいち早く対応し、荷物の再配達や返品の減少にも寄与していることを前記事では紹介した。

拡大する置き配ニーズにさらに応えるため、同社が打ち出した次なる一手が、複数のデジタルキーを一括で管理できる「マルチデジタルキープラットフォーム」だ。仕様が異なるデジタルキーを配達ドライバーが解錠できるようになり、オートロック付きマンションへの置き配が可能となった。開発を主導したヤマト運輸 営業・オペレーション設計統括 営業開発部 マネージャーの直井人士氏に、開発の背景や今後の展開について聞いた。

荷物を運ぶヤマト運輸のトラック
EC需要の高まりで荷物の受け取り方も多様化が求められている

置き配を阻む大きな「壁」・オートロック

このコロナ禍を機に一気に高まった、非対面での受け取りニーズ。ECで注文した商品を自宅玄関前などに配達する「置き配」は、もはや受け取り方法の一つとして市民権を得たと言っていいだろう。

しかし、置き配には大きな「壁」があった。オートロック付きマンションの存在だ。利用者が不在の場合、ドライバーはエントランスのオートロックを解錠してもらうことができない。このため、利用者宅の玄関前などへの置き配は不可能だった。

それでも近年、多くのマンションではエントランスに宅配ボックスを設置するのが当たり前になっている。が、「それでもお客様に一度で受け取ってもらうことは難しい」と直井氏は指摘する。

「例えば50世帯のマンションに対して、宅配ボックスは10個ほどしか設置されていないため、これだけECが普及すると宅配ボックスが埋まってしまうことも少なくない。その場合はドライバーが持ち帰らなければならず、お客さまに再配達の手続きなどの手間を取らせてしまっていた」

デジタルキー大手のライナフが2021年に行った調査によると、「宅配ボックスが足りない」との不満の回答は62.2%。「宅配ボックスがあるのに再配達を経験した」との回答は実に82.3%に上った。
※置き配に関する入居者アンケート(ライナフ) URL:https://linough.com/press20210715/


複数のデジタルキーに対応! 「マルチデジタルキープラットフォーム」

オートロック付きマンションでは置き配ができない――宅配業界の各社でもこの問題を重く見て、デジタルキーを解錠する仕組みの検証を進めているところだ。ヤマト運輸ももちろんその一つだが「個々の会社単位の対応では、デジタルキーごとに複数のオペレーションが発生し、ドライバーの業務負荷につながってしまう」(直井氏)との懸念を抱いていた。

そこで、直井氏たちが考案したのが「複数あるデジタルキーの規格を、同一のオペレーションで管理できる仕組み」だ。それが、2022年3月28日にリリースした「マルチデジタルキープラットフォーム」(MDKP)だ。

MDKPの仕組みはシンプルで、複数の企業の異なるデジタルキーシステムとMDKPをAPI連携するだけで導入が可能になる。導入後は、管理ダッシュボードを通じてどのマンションが解錠されたかが全て可視化される仕組みだ。

ヤマト運輸はほかの配送事業者ともこの仕組みをシェアし、デジタルキー会社も各社が対応していくことがプラットフォーム化することの意義であることを図示している
マルチデジタルキープラットフォームの概要図(提供:ヤマト運輸)

実際にオートロックが解錠されるフローは次のとおりだ。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media