平和堂、スマホ決済「HOP WALLET」開始、電子マネーで支払い

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

平和堂のスマホ決済「HOP WALLET」
電子マネー機能付きの「HOPカード」を登録することで、アプリによるキャッシュレス決済が可能になる

 滋賀県が地盤の平和堂は2月19日、スマートフォンアプリ「HOP WALLET(ホップ・ウォレット)」によるキャッシュレス決済サービスを全店で始めた。アプリでポイントサービスも利用できる。

 オリジナル電子マネー「HOPマネー」機能付きのポイントカード「HOPカード」を登録することで、アプリによるキャッシュレス決済とポイントサービスの利用が可能になる。アプリに表示したバーコードをレジで提示することで、電子マネー決済ができる。

 本人名義の銀行口座かクレジットカードを登録すると、アプリで電子マネーへのチャージ(入金)もできる。対応する銀行は滋賀銀行のみだが、銀行口座からはオートチャージも可能となっている。

 HOP WALLETのサービス開始に合わせて、三井住友カードとの提携クレジットカード「HOP-VISAカード」の即時発行を開始した。スマホからカードの申し込み手続きを行った後、最短5分でクレジットカード番号が発行され、HOP WALLETによる電子マネーのチャージが可能になる。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media