無印良品アプリにキャッシュレス決済「コインプラス」を実装、230店舗で利用可能に

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

無印良品アプリに実装された「COIN+」
リクルートと三菱UFJ銀行の合弁会社が提供するQRコード決済機能をアプリに搭載した

 「無印良品」を展開する良品計画は、自社アプリ「MUJI Passport(ムジパスポート)」にリクルートMUFGビジネス(東京都中央区)が提供するキャッシュレス決済「COIN+(コインプラス)」の機能を実装した。2月15日から、無印良品約230店舗で利用可能になった。

 コインプラスは加盟店が払う決済手数料を0.99%に抑えたのが特徴。リクルートのキャッシュレス決済システム「Airペイ」の加盟店で利用できるほか、企業や店舗が持つ自社アプリに組み込むことができる。

 MUJI Passportのユーザーは、支払い方法の設定時にコインプラスのアカウントを登録するか、すでにアカウントがある場合はログインすることで、QRコードによる決済を利用できるようになる。

 コインプラスは、リクルートMUFGビジネスのデジタル口座管理・決済アプリ「エアウォレット」の決済機能として提供され、エアウォレットで管理する銀行口座から必要な金額をチャージ(入金)して買物に利用する。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media