グローバル流通最新トレンド
アメリカ視察ツアー2018 ヒューストン 実施レポート

ウォルマートのデジタル実験店舗
グローサラントを取り入れたHEB
ターゲットの次世代型プロトタイプ

 6月10日(日)から6月15日(金) の日程で、アメリカ小売業のスペシャリスト 鈴木敏仁氏が同行・解説する「グローバル流通最新トレンド アメリカ視察ツアー」がテキサス州・ヒューストンで行われた。

 

 今年の視察テーマは「Eコマースの時代に”人が集まる店作り”とは何かを考える」。Eコマースとリアル店舗との競合が激化している中、一歩抜きんでているウォルマートのデジタル実験店のうち1店舗がオープンしていることも視察地をヒューストンに選んだ大きな要因だ。

 

 その他、店内の隅々まで全面改装をした、ターゲットの今後を占う次世代型店舗や、対面を増やし、お客との接点を増やすことでEコマースへの対策を行っている「クローガー・マーケットプレイス」、直営のレストランを店舗に併設させ、今話題のグローサラントを取り入れた「HEB」も視察。

 

 その他ホールフーズ、アルディ、ウォルグリーン、トレーダー・ジョーズなどの主要な店舗も網羅。

 

 視察だけではなく、座学の時間も設けられ、米国の対Eコマース最新トレンドを体系的に学ぶことができる点などが好評だった。

 

鈴木敏仁氏プロフィール
早稲田大学法学部卒業後に西武百貨店に入社、退社後の1986年に渡米。1997年にS.M.R.,Incを設立し、米国流通業界を軸としたコンテンツ作成ビジネスを開始。1998年に情報発信のためにウェブ上にリテールウェブを開設。年間訪問店数はのべ600店舗超、現場検証に基づいた分析をモットーとする。