リテールテックJAPAN パナソニックブース
POS接続型マルチ決済端末、電子棚札に注目集まる

 2018年3月6日(火)~9日(金)の日程で、東京ビッグサイト(東京・有明)で開催された「リテールテックJAPAN2018」には、デジタルトランスフォーメーション時代の流通を実現するデバイスやソリューションに注目が集まった。パナソニックブースでは、入り口前面にPOS接続型マルチ決済端末「JT-R600CRシリーズ」の店頭での設置例やそのソリューション紹介、電子棚札「G2シリーズ」の展示と事例を紹介。サービスの多様化や店舗作業の業務効率向上などへの積極的な対応をアピールしていた。

 

多様な決済方式にも対応した決済端末

 POS接続型マルチ決済端末「JT-R600CR」は、消費者の決済手段の多様化には不可欠な決済端末。これまでのように電子マネーやクレジットカードなど、それぞれのキャッシュレス決済に対応したリーダー/ライター(RW)をPOSレジの横に設置していたのでは、POSレジ周りが狭くなり店舗スタッフもチェックに不便なら、買い物客も買い物カゴを置きづらくて不快になりがち。POSレジ周りをスッキリさせておくことは重要である。

 

 キャッシュレスの決済の普及とともに、すべての方法に対応したRWを設置するには場所を確保しなければならないし、買い物客に決済方法を聞いていちいち端末を指し示し使い方を案内するという“余計な作業”も発生する。1台のRWで済むならば店舗スタッフにとっても買い物客にとってもラク。ショッピング・エクスペリエンス的にも好感度アップだ。

 

 ブースの担当者は、「インバウンドの台頭や若者のクレジットカードでの買い物機会が増えるなど、確実にキャッシュレス決済が進んでいる。しかも多様化も進んでおり、それらすべてに対応する必要がある」とPOS接続型マルチ決済端末のニーズが高まっていると話す。さらに、「割賦販売法の一部を改正する法律」により、クレジットカードのIC化が進むとともに、国際ブランドの非接触ICカードに対応する必要も出てきた。

 

 具体的には国際カード各社が参加するPCISSCで定められたセキュリティ基準への対応と国内法への準拠によるセキュリティ強化に加えて既存の磁気カード、ICカード、非接触ICカード、各種電子マネーへの対応を1台でこなす必要があるわけだ。

 

 「JT-R600CR」は、「買い物客のセルフ操作にも配慮した」というのも特徴。クレジットカードを自ら操作することに慣れていない国内の買い物客を考慮し、操作をサポートする誘導ランプなどの機能を充実させている。実際にブースに設置された「JT-R600CR」はコンパクトで、操作性も高そうだ。クレジット決済の際に、どのカードインタフェースを使用するかは買い物客自身で選択できる。これならば店舗スタッフの作業負荷も軽減されるし、買い物客が操作で悩むシーンも少ないように感じた。

 

 また、「JT-R600CR」はPINコード入力を一定金額以下の少額決済で不要とするPINレス決済機能を搭載しており、電子マネー・磁気クレジットに比べ、決済時間が大幅に増えてしまうという理由で二の足を踏んでいたコンビニやファストフード業界での導入が一気に加速した。

 

 様々な決済手段に対応し、高いセキュリティも実現した決済端末は、セブン-イレブン・ジャパンやローソンなどの有力チェーン店に、短期間で普及しており、店舗経営者ならば注目に値すると言えよう。

 

店舗オペレーションの効率化に期待が高まる電子棚札

 電子棚札が登場してから久しいが、実際に店頭で見るチャンスは少ない。つまり普及していない。その原因として挙げられているのが、従来の液晶タイプでは視野角が狭いことやバックライトによる消費電力が大きく電池交換型の場合、交換頻度が短いためハンドリングが良くないという問題があったためだ。しかしネットワーク接続された電子棚札は、一斉に表示を変えられるメリットがあり、店舗スタッフがいちいち紙の値札を貼りかえる手間が不要になり店舗作業効率の向上につながる。しかも世の中はIoT時代。ネットワークに接続することで、より多くの使い方や利便性向上が期待できる。

 

 パナソニックが展示した電子棚札「G2シリーズ」は、これまでの電子棚札の使いにくさを解消し、より利便性を向上させたのがアピールポイント。

 

 その肝になるのが表示デバイスに液晶ではなく電子ペーパーを採用したこと。「電子ペーパーを使用したことで低消費電力化でき、視野角も広くなった」。給電レールを備えた棚では問題とならないが、一般的な棚の場合は電子棚札にバッテリーを搭載しなければならない。「G2シリーズ」の場合、電池寿命は一般的な使用で5年程度は持つとし、電子棚札自体の交換時期まで事実上、電池交換せずに使用できるという。

 

 また、デザイン面において、「G2シリーズ」はスタイリッシュな薄型デザインを採用しているため、店舗空間に合わせて多彩なカラー展開が可能だ。

 

 店舗オペレーションも効率化できる。LED搭載型の場合、在庫が少なくなってきた商品のLEDを点灯させたり、店舗スタッフが商品を探している時にもLEDが点灯して商品の場所を示したりすることができる。アクティブNFCへの対応や電子棚札に表示された2次元コードを店舗スタッフの端末で読み取って商品情報を表示する機能も備える。

 

 また「G2シリーズ」の温度ワイドレンジモデルは使用可能な温度帯域を-25℃から40℃まで広げたことで、一つの電子棚札で冷凍から冷蔵、常温までカバーできるようになった。従来製品のような使い分けを気にする必要がないという。

 

 電子棚札の普及はこれからだ。「すでに家電量販店で活用し、店舗オペレーションの効率化に貢献している」とし、ブースを訪問する流通関係者も、従来型の不便さを知っているせいか、外観に大きな違いはないものの「G2シリーズ」の機能充実には目を見張る。展示方法も食品スーパーをイメージするなど、次世代型の電子棚札をアピールしていた。

 

 

・POS接続型マルチ決済端末

https://sol.panasonic.biz/mobile/jt-r600.html

・電子棚札

https://panasonic.biz/cns/invc/tanafuda/