2018/05/10

国内初 フードコートでボクシーズが開発する「Putmenu」を導入イオンイーハートがイオンモール幕張新都心で採用

 イオングループのイオンイーハート(中村弘治社長)は2018年1月16日、イオンモール幕張新都心の「おひつごはん四六時中」にボクシーズ(鳥居暁社長)の「Putmenu」を導入しサービスを開始した。「注文0分、会計0分」をキャッチフレーズにレストランをはじめ外食産業向けの「Putmenu」がフードコートで採用されるのはこれが初めてとなる。

 

「フードコート改革に生かせる仕組み」だと即断

おひつごはん
商業施設のフードコートで初めて「Putmenu」を導入した、おひつごはん四六時中 幕張新都心店。スマホで注文から決済までを実現し、行列に並び、注文し、また席に戻るというお客様の不満を解決するサービスとして注目を集めている
浅井 俊之 株式会社イオンイーハート ケータリング本部 ケータリング事業改革マネジャー 浅井 俊之 氏

イオングループの本社がある幕張新都心(千葉市美浜区)のイオンモール幕張新都心は、JR京葉線沿いに「グランドモール」「ペットモール」「アクティブモール」「ファミリーモール」と4つのモールを備える一大ショッピングモール。広大な駐車場を備えるとともに海浜幕張駅から有料シャトルバスを運行するなど利便性にも配慮し、飲食店ゾーンやフードコートを備えておりファミリーが1日楽しめるショッピングモールとなっている。

 

 その中の「ファミリーモール」フードコートの「おひつごはん四六時中」で今回、イオンイーハートが「Putmenu」を導入しサービス開始した背景について、イオンイーハートの浅井俊之・ケータリング本部ケータリング事業改革マネージャーは、「Putmenuは、考えていたフードコート改革に十分活用できる仕掛けだと即断したから」と話す。それまで日本マイクロソフトも協力する一般社団法人オープン・フード・サービス・コンソーシアム(OFSC)の会合を通じて、フードコート改革を指向してきた 浅井氏は、フードコートの課題解決にはシステム化が必要だと考えており、そこにボクシーズの「Putmenu」がぴったりと一致した。

 

 浅井氏は「Putmenu」で解決できるプロセスを特定し、「フードコートの課題はまず席を見つけること、それから注文でテーブルを離れなければならないこと」を挙げる。小さい子どもを連れたママにとっては、子どもが気になりテーブルを離れる回数はできるだけ少なくしたい。

 

「お客さまが不便と思っていることを端的に解決できる」

鳥居 暁
ボクシーズ株式会社 代表取締役 鳥居 暁 氏

 スマホにアプリをダウンロードして、スマホから注文しスマホで決済する“注文0分、会計0分”を謳う「Putmenu」ならば、少なくとも料理を注文するためにテーブルを離れる必要がない。「フードコートにはファミリーのお客さま、平日なら小さい子どもを連れたママのお客さまが多い。その様子をみてもっと容易に注文できるような仕組みが欲しかった」(浅井氏)。

 

 そう感じたからこそ浅井氏の行動は早かった。「Putmenu」を知り、ボクシーズの鳥居社長を訪ねて説明を聞いたのが2017年10月で11月には自身の会社の中村社長に直談判。役員会でプレゼンテーションを行い、経営陣の了解を得て、すぐにサービス開始に向けて動き出している。「お客さまが不便と思っていることを端的に解決できて、しかもわかりやすい」と浅井氏は「Putmenu」に太鼓判を押す。「それに日本初ということをやってみたかった。やってみなければわからないし、やってみてダメなら方針を変更するだけ」と導入には自信を持っていたようだ。

 

1 2

他の記事も読む

おすすめ記事