ダイヤモンド・チェーンストア10月1日号の特集は、
「食を巡る聖戦!ドラッグVSスーパー」
をお届けします。

 食マーケットの主役である食品スーパーは台頭する異業種によって浸食され続けてきました。なかでも、6兆8500億円の市場規模を持ち、高い成長率を誇るドラッグストアは、日配、冷凍食品の低価格販売だけでなく、生鮮4品フルラインで揃える店舗も拡大しています。

 特集では、ツルハホールディングス、サンドラッグ、Genky DrugStoresといった有力ドラッグストアに成長戦略を聞いたほか、ユニバース、マックスバリュ九州に食品スーパー側の戦い方を取材し、レポートしています。

 ほかにも、第2特集「コトを卸す時代!食品卸の真価」が読みどころです。本誌調べの150社卸ランキングも掲載しています。

 ぜひご一読ください。

バックナンバー

Special topics