ダイヤモンド・ドラッグストア 2018年9月15日号

『ダイヤモンド・ドラッグストア』誌9月15日号の特集は、

 日本の未来!? 米国ドラッグ2強時代

 をお届けします。

 米国商務省の『Annual Retail Trade Survey:2016』(年間小売業調査2016年度版)によると、2016年度の「Pharmacies and drug stores」(薬局・ドラッグストア)の推計売上高は対前年度比3.2%増の3268億7900万ドル(1ドル110円換算で35兆9566億円)となりました。

 この数字を市場規模として計算すると、米国ドラッグストア(DgS)企業売上高トップ3社のシェアは、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(Walgreens Boots Alliance:以下、ウォルグリーン)が26.7%、CVSヘルス(CVS Health)が24.3%、ライト・エイド(Rite Aid)が4.8%となります。売上高トップ2社と3番手のライト・エイドには大きな差があることがわかります。

 米国のDgS業界は、1879年にテーラードラッグがケンタッキー州にDgSの1号店をオープンしたのが始まりとされます。その後、数多くのDgS企業が隆盛ましたが、幾多の経営統合と企業淘汰を経て、ウォルグリーンとCVSヘルスの2社が圧倒的なシェアを持つに至りました。

 なぜ、この2社が勝ち残ったのでしょうか?

 本特集では、ウォルグリーンとCVSヘルスを徹底比較するとともに、米国DgS業界の歴史を紐解き、両社が何に力を入れて勝ち残ったのかを明らかにします。日本のDgS企業に勝ち残りのヒントを提供できれば幸いです。

 今号はほかにも、サンドラッグ(東京都)の「サンドラッグCVS」、ウエルシア薬局(東京都)の「都市攻略策」、英国のデジタル薬局「Now Pharmacy(ナウ・ファーマシー)」なども読みどころです。

 ぜひご一読ください。

※『ダイヤモンド・ドラッグストア』誌定期購読の配送業者変更について

2018年8月末をもって『ダイヤモンド・ドラッグストア』誌のお届けはヤマト運輸から、日本郵便の「ゆうメール」に変更させていただきます。
「ゆうメール」は日・祝日は配達がございません。一部の地域でお届け日が変わる場合がございますが、あらかじめご了承いただければと存じます。

〈配送、ご契約についてのお問い合わせ先〉
ダイヤモンド・サービスセンター 0120-700-853 (受付時間:9:00-18:00 土日祝 年末年始休み)