「PAPER BLOG +(プラス)」は、千田直哉が更新しているBLOGです

ホームセンター(HC)を中心とする住関連ビジネスに関係した、気づきや動きを発信します

「データで見る流通」は、『チェーンストアエイジ』誌で毎号連載の人気コラム。流通にかかわるさまざまなデータから、専門家が流通の今を読み解きます。

『ダイヤモンド・チェーンストア』誌の編集長が、折々、流通業界でもっとも注目されているトップに猛烈接近して、読者の聞きたいタイムリーな回答を引き出します。

業界情報から消費者トレンドまで、ドラッグストアニュース編集部が日々の取材活動を通じて取り上げる選りすぐりの巻頭ニュース。

流通ホームチャネルを中心に、小売・流通業界で巻き起こる様々な事象を、編集部が独自の切り口で届けるコンパクトニュース。

自分を磨く!流通マンのためのお役立ちブックレビュー

小売業からも指導要望の多いJAL流「接客」のエッセンスを、1000人に及ぶCAに接客の技術指導を行ってきた佐藤由利さんに教えてもらった。

安全で、栄養があって、自然にやさしい食べ物にもっと注目してもらいたいという願いを込めた連載です。

DRMオンライン編集部では、消費へのアプローチを中心に、シニアマーケットの最前線をインタビュー特集としてお届けする。

大震災その後に、スーパーマーケットの未来を重ねて見えてくるものとは……。

新しいビジネスのヒントがここに!アジア、欧米、日本。世界の小売サービス業の新しいビジネストレンドを現地取材を通してレポート

流通ビジネスのいまを切り取る、DRMオンライン論壇。投稿大歓迎です。

“おもてなし”こそ、不況下でもサービス産業を活性化させるキーワード。ホテル業界で従業員教育のコンサルタントとして活躍する筆者が、“おもてなし”の力を引き出すためのマインドセットと技術を公開。

中国事業を強化し始めた日系小売業。イトーヨーカ堂、イズミヤ、セブン-イレブン、ファミリーマートの現地取材レポート

「当たらない」と言われている「売上予測モデル」について、当てるための売上予測手法や結果なども踏まえ、より具体的な手法を紹介

イオンが「アジアシフト」を加速させている。東南アジアの主要国、マレーシアとタイにおける現地法人の取材レポート

チラシを並べて見比べると・・・。チラシにはその地方、企業の特長が溢れています。新しい販促アイデアや売場活性化のためのチラシ活用術

マーチャンダイジング(MD)の実践を問い続ける金田正裕氏が小売業MDの課題と改革について、最前線の実務家をインタビュー

ヒット商品・人気商品の成功の要因を購買調査データを元に検証!買った人だけがわかる買ってしまう理由を詳細に分析する

チェーンストアは店舗への権限委譲をどこまで進めるか!店舗の独自プロモーションの考え方を販促物制作を通して検証する

かつてないほど市民権を得たプライベートブランド(PB)。日本でもこのまま定着するのか?国内の主要PBプレイヤーのインタビューを通してその可能性を探る

ネットスーパーは売上アップに貢献するのか、既存店舗と競合となるのか。豊富なネットスーパーの運営事例からその存在価値を報告

消費者レシピサイトNo.1のクックパッドが送るレシピ販促の成功事例集。古くからある店頭でのレシピ提案の新たな可能性がここにある

マーケティングとマーチャンダイジングはよく似た概念であり、その違いが分かりにくいのが実態かと思います。では、どこが違うのでしょうか。

景気が悪化し続ける中、多くの企業が呪文のように唱え、経営戦略上の重点課題として、コスト削減を取り扱ってきた。そして、景気が上向きつつある今もその需要は変わらず、コスト削減に取り組んでいない企業は皆無といえる。しかし、ほとんどの企業において、抜本的なコスト削減に取り組みができていない現実がある。

過労死、長時間労働、ブラック企業等々、過酷な労働環境が様々な形で取り上げられ、政府が主導する働き方改革の名のもとに、あらゆる分野で総労働時間削減が求められています。

ここ最近の採用環境の厳しさもあり、パート・アルバイトの採用代行または採用コンサルティングに関する問い合わせが増えています。意外と企業様が見過ごしている点やまだまだ企業内の努力で改善できる点などを実際の事例なども含めながらご紹介していきたいと思います。

売り手の視点に立ったメーッセージが多く見受けられるPOPだが、「接客の代替」だという機能は意外と知られていない。商品訴求に加え、お客様の立場で気づきを起こさせるPOPの専門家による「売場で生きてくるPOP」のあり方をご紹介する。

財務、経営企画、商品調達・購買の担当者必読!
戦略的なリスクマネジメントで利益拡大に導く
グローバル経営・財務講座

マーケティング活動をしていく上で、消費者が製品を使用するシーンや心理を探ることはとても重要です。一方で、いくら消費者のことを考えて製品を開発したとしても、実際の「購買行動」に結び付かないと売上にはつながりません。

食品流通業における使命のひとつに、「食の安全の確保」があります。原料を国内はもとより、世界各国から調達し、製造加工も国内外の工場で行う現在の食品産業としては、製造加工される食品が安全であり、かつ消費段階で適正な取り扱いをするための情報を消費者に知らしめることが必要です。

Special topics

PR

新着記事

記事icon

【流通テクノロジー】飲食店のテーブルをIoT化し「注文0分、会計0分」を実現人⋯

 流通小売業や外食産業にもデジタル化の波が押し寄せている。新たなマーケティング手法としてAIやIoTに対する期待も大きい。一方、直面する課題として人手不足の解消

記事icon

【第121回】【カバーパーソン】2018年はDgS業界にとって『覚悟の年』であ⋯

 業界4団体と日本チェーンドラッグストア協会(神奈川県:以下、JACDS)は、東京都港区の「メルパルク東京」で年頭所感を発表した。

記事icon

第3回 食品表示基準の基礎的な考え方 

 平成25年に制定された食品表示法をもとに、平成27年に食品表示基準のQ&Aやガイドラインが施行されました。食品基準は食品ごと及び事業者ごとの区分に基づき規定さ

記事icon

マルエツ プチ花咲町六丁目店 

<住所>〒220-0022 神奈川県横浜市西区花咲町6-143 <電話番号>045-243-6050 <アクセス情報>横浜市営地下鉄ブルーラ

記事icon

ヨークベニマル日立河原子町店 

<住所>〒316-0005 茨城県日立市河原子町1-4-1 <電話番号>0294-29-7015 <アクセス情報>JR常磐線「常陸多賀」駅か

記事icon

ヨークベニマル富沢西店 

<住所>〒982-0033 宮城県仙台市太白区富田字京ノ北114 <電話番号>022-307-1501 <アクセス情報>仙台市地下鉄南北線「

記事icon

【第165回】「ふだん使い」確立し、オーガニック食品市場を拡大させる ビオセボ⋯

 イオン(千葉県/岡田元也社長)傘下で、オーガニック食品を中心に扱う食品スーパー(SM)のビオセボン・ジャポン。日本で1号店を出店してから1年あまりが経過した。

記事icon

【ハネウェルジャパン】新冷媒「ソルスティスN40(R-448A)」2018年に⋯

 流通業界にとって省エネは、地球温暖化対策の推進とともに経営コスト削減のために避けて通れないテーマだ。米ハネウェルが開発した新冷媒「ソルスティスN40」は、海外

記事icon

第2回 食品表示にまつわる法律・制度の変遷 

 日本における食品に関する法律は、昭和22年制定の食品衛生法、昭和25年制定のJAS法、昭和27年制定の栄養改善法(平成14年に健康増進法へ改正)が基礎となって

記事icon

第4回分析②カップ麺分析 

 前回でカップ麺は冷凍麺やインスタント袋麺に比べ、非計画購買比率が高く、バスケット内の購買点数を増やせる可能性が高いカテゴリーであるという結果がわかりました。今

インフォメーション

【ディスプレイコンテスト】

エントリーして陳列技術を腕試し!

【注目店舗】

オープンしたばかりの注目店舗をピックアップ!

【書 籍】

ダイヤモンド・リテイルメディアの書籍情報

【統計データ】

最新の統計数値をエクセルデータでご提供!