2018/11/05

【ローソン】神奈川で初の介護相談窓口併設店、一般用医薬品も販売

 ローソンは11月2日、神奈川県で初となる介護相談窓口併設店(ケアローソン)「ローソン横須賀鶴が丘店」を横須賀市にオープンした。訪問介護や介護施設運営などを手がけるスマイル(横須賀市)が介護相談窓口を運営、ケアマネジャーなどの相談員を派遣する。約100種類の介護関連商品も取り扱う。


 また同店では登録販売者を置き、一般用医薬品(第2類・第3類)約400種類を販売する。地元医師や町内会などと連携して介護予防の勉強会や健康相談会などのイベントも行っていく予定。


 ローソンでは2015年4月にケアローソンの1号店を埼玉県でオープン、これまで大阪、広島、東京などで18店舗(横須賀鶴が丘店を含む)を出店している。